スーパーフラット

こんばんは。 今日は満月の星読み&キルタンにご参加ありがとうございました。 今日は天秤座の満月です。 今日も星読みマリさんによる解説は、 「やはりすべてお見通しだな」という安堵感と、「星の通りなら間違いないな」という自信をもらえました。 星読みで見るホロスコープ表は、自分の羅針盤です。 どんな自分が どの方向を向いて、 何に向かっているのか、 そして今はどんな時期なのか。 ぜひ皆さんにも気軽に星読みを知っていただきたいと思っています。 星読みマリさんは個人鑑定もしてくれますので、ご希望の方はぜひご紹介いたしますね。 その後、かなえさんの透明感ある声のリードではじまったキルタンは、 自然に声が出てくるワークから始まり、 全ての障害を取り除いてくれるガネーシャマントラと、自分の中の声を感じられる歌。 まだ歌いたい、歌っていたい、と思わせてくれる気持ちよい時間でした。 いつもかなえさんにはクリスタルボウル演奏会をシファルで開催していただいていて、今年も8月に予定しています。 そしてキルタンも、ぜひまた開催していただこうと思っています。 必然的に今日という3/31に開催できたことは、皆さんそれぞれに意味のあることだったと感じます。 月や天体、宇宙のリズムに合わせて自分自身をチューニングしていくことは、自分にとってフラットな状態がどこなのかを確認できるいいきっかけになります。 また満月や新月のタイミングで、皆さんと共有していきたいと思っています。 まもなく満月、21:37です。

旅のまとめとおまけ

今回のシヴァナンダヨガの旅がやっと全部まとまりました。 旅の話というか、私が思ったことや感じたこと、ただ書きたいことだけ書いたので、 もし何か聞きたいことがあれば、ぜひお気軽にご連絡くださいね。 シヴァナンダヨガのトレーニングについては、タイとインドとどちらも行きましたので、 皆さんの疑問点はだいたい解決できるかと思います。 私もまだまだ勉強し続けたいと思っていますので、これからもご協力よろしくお願いします! 旅のこと1「はじまり」 旅のこと2「お祝い」 旅のこと3「手放す」 旅のこと4「瞑想」 旅のこと5「食べ物」 旅のこと6「まとめ」 おまけ1「カンニャクマリ」 おまけ2「平和な休日」 おまけ3「なかま」 おまけ4「UAE」 おまけ5「ルーヴルアブダビ」

おまけ 5「ルーヴルアブダビ」

おまけ話が続いておりますが、 ここは本当にオススメです。 昨年11月にオープンしたばかりのアブダビにあるルーヴル美術館です。 美術館は静かに観る私ですが、ここは興奮してしまいました。 とにかくクールでオシャレで心地よく、 無駄なものは一切ないゆとりある空間、 場の使い方のセンスがたまりません。 テーマ性を持たせて地域が違うものを並べていたりと、こういう展示を観たい方は多いと思います。 どんどん写真をアップしていますが、 写真OKということに驚きです。 キリストの十字架と踊るシヴァがお隣同士にあるというオシャレ感。 瞑想するブッダは、とぐろを巻く蛇の上に。 記念写真。 ナポレオンはけっこう大きかったです。 シルエットが素敵。 巨大なクリスタル。 外がまた素晴らしい天井のドームでした。 丸一日いてもいい美術館です。 美術館の学芸員さん、 というかかなり強そうガードマンというか、 この方たちも絵になる素敵さ。 アブダビ経由をご利用の方は、ぜひぜひどうぞ。

おまけ 4「UAE」

これは本当におまけの話。 UAEアラブ首長国連邦という国、ドバイのある国です。 今回、UAEのエティハド航空でチケットを取りましたので、首都アブダビ乗り換えでした。 時間はかかりますが結構オススメだと思ったのでちょっとご紹介しますね。 帰りのフライトはアブダビで10時間あったので、一番有名なモスクに行くことにしました。 その前の腹ごしらえは、空港内のここオススメです。 美味しくてボリュームいっぱいの中東料理。 日本人は好みの味だと思います。 そしてシェイクザイードグランドモスクへ。 とにかく大きいです。 これは旅行サイトに書いてありましたが、 UAE建国のザイード国王が20億ディルハム(当時のレートで550億円)かけて作ったそうです。 もうとにかく広くて 世界最大のペルシャ絨毯だそうです。 ゴージャス過ぎるスペースがずっと続きます。 それでも入場料は無料、異教徒の観光客も入っていいので、やはり太っ腹ですね。笑 そのかわり、イスラム教のルールにのっとったドレスコードで厳しいのですが、伝統衣装がレンタルできます。 他の色もありましたが、私たちは全員グレーを手渡され、一気にネズミ男たちになりました。 暑そうに見えますが私服より涼しくてビックリ。 さすが、カフェもゴージャス。 ついインドと比べてしまって物価の高さに驚きつつ、ちょっと観光旅行も楽しめました。

おまけ 3「なかま」

旅のおまけの続きです。 世界各国から総勢91名、日本人の参加者は15名でした。 ヨガを教えている人も、様々な仕事の方も、 でも目的が一緒で、同じ方向を向いていると、初めて会った気がしないものです。 たくさん一緒に練習して、 たくさんごはんを食べて いい時間をたくさんすごしました。 今日もどこかでヨガをしている仲間がいること、 時間と場所を超えて、嬉しいことです。

おまけ 2「平和な休日」

インド旅のおまけ、色々書いてます。 休日はこんな風に、 芝生で勉強したりしていました。 最初の頃なので日本から持っていった芋けんぴ。 暑さのせいと運動量と、久しぶりに脳フル回転させたせいもあると思います。 日本では考えられないくらい、おやつを食べました。 甘くて固いピーナッツボールや、しょっぱいバナナチップスなど、すっかりインドのお菓子が手放せなくなった頃、 おやすみの日にちょっと買い出しに行ってきました。 この日も暑かったです。 常に歌が流れていていつもお祭りみたいでした。 ドライバーの優しいおじさん。 アシュラムへ戻るとなんだか楽しそうな声が聞こえて。 この日はホーリーといって、色の粉を撒き散らすお祭りの日でした。 本気でやりたい人はバスで6時間くらいかけてマドゥライまで行っていたのですが、ここのアシュラムでも湖のほとりでミニホーリーやっていました。 どんどんつけられて、どうでもよくなってきます。笑 タイTTC同期のマヘシュがヨガバケーションで来ていて再会したり。 水かけられないように逃げまくりました。 みんなはこの後、湖で泳いで洗い流していました。 ワニが出ると聞いていたけど、、?と思いましたが大丈夫だったようです。 ホーリー気分も楽しめて、いい休日でした。 2月はシヴァラトリもホーリーもあって、オススメ時期です。

Ganga Prem Hospice, Rishikesh

こんにちは。 リシケシにあるガンガプレマホスピスは、 シバナンダアシュラムのスワミジたちもサポートしているインドではまだ珍しいホスピスの病棟です。 リシケシ周辺の終末医療の方の為に作られたホスピスは昨年オープンしたばかり。 全て寄付金でまかなっているということで、シファルでも少し物販のサポートをさせていただき、お香とお香立てを入荷しました。 各種お香は、ナグチャンパ、モグラ、サフラン&サンダルウッド、レモングラスなど。 お香立ては、マハマントラとグルマントラが彫られているお香立てです。 遠いリシケシにあるホスピスですが、その想いがほんの少しでもサポートになりますように。 ぜひ見ていってくださいね。

おまけ 1「カンニャクマリ」

週に一度のお休みは基本のんびりしていましたが、1回だけ遠方へ。 南インドと言えばここ、という聖地「カンニャクマリ」に行ってきました。 インド最南端の場所で、アラビア海とインド洋とベンガル湾、3つの海が混ざり合う場所です。 インドは先端がとんがっているように見えますよね。ここです。 さらに拡大してこの辺り。 小さな島が2つあって、 右はタミルの有名な詩人ティルバルバルの銅像、左はヴィヴェーカーナンダ先生が瞑想した岩と記念堂があります。 中は写真NGなのですが、ヴィヴェーカーナンダ先生の大きい像があり、アメリカへ渡る数日前に悟ったと言われる岩と、その下の瞑想ルームは噂通りいい場所でした。 戻ってきたビーチの周りは量り売りのスパイス屋さんや いろんなお店など。 小さなビーチでみんな服のまま海に入っていて、ものすごい強い風でしたがとっても平和な場所でした。 他にも、インドでは珍しい木造のパレス、 カンニャクマリのお寺、色々見どころありました。 神聖な場所ということで写真はほぼNG、でもそれで良かったと思います。 その場では、カメラではなく捧げものを持って中に入る方が自然です。 外側だけ撮ったこのスチンドラム寺院も素晴らしかったです。 男性は服を脱ぐように言われていて、インドの男性の正装は、上半身裸なのだと知りました。 ここは珍しいものがたくさんありまして、 ブラフマー、ビシュヌ、シヴァが一体となってまつってあったり、 普通はガネーシャからお参りしますがここでは最後に出てきて、全ての順番が逆でした。 猿の神様ハヌマンの巨大な像に大きな首飾りのようなものをかけて、全員分の捧げものをして、

旅のこと 6「まとめ」

こんにちは。 そんなわけで、戻ってから気づくことが多々ありまして、それを噛み締めています。 実際とても楽しかったのですが、単なる「楽しかった」では片付けられない感覚、またこれはいい変化のきっかけになりそうです。 今思う、書き留めておきたいことは、 本当に目に見えないサポートに助けられて支えられていたということです。 ありがたいことに、皆さんからは、 「修行、お疲れさまでした〜」とおっしゃってもらったりしています。 確かにフルなスケジュールで体力的にも精神的にもなかなかでしたが、 でも「修行」といえるような過酷なものではなく、あたたかいサポートの上に成り立っていました。 90名の参加者に対して20名近い先生方。 写真に写っていないスタッフの方が、たくさん側にいてくれました。 他にも目に見えないバックヤードのスタッフの方々も。 例えば、朝5:00から呼吸法クラスがあるので、30分前にはホールに行ってマットを敷き、鼻うがいをして洗浄を済ませ、太陽礼拝を10ラウンドくらいして、静かに準備をしていました。 でもこれが毎日できる環境であったということが何よりありがたいことでした。 実際4:30には、鼻うがい用のあたたかい塩水がバケツ何杯分も準備されていて、ホールには火が灯されていました。 誰かが準備してくれていたからこそ、ここまで集中できる素晴らしい環境。 そこを出てからが本当の修行なのだと思います。 この自由な生活、豊かすぎる社会の中で、 ディシプリン、自己規律をいかにしていくかが本当の意味で試されていると感じています。 様々な表現方法がありますが、 やはり、私は私のできることを真摯に実

4/8(日)Yoga&Ayurveda のオススメワークショップ

こんにちは。 盛岡yoga journeyさん主催のヨガとアーユルヴェーダを一日いっぱい楽しめるワークショップが来月開催されます。 講師は、私も大好きなHIKARU先生、 シファルにもフライヤーいただきました。 写真左はHIKARU先生のアーユルヴェーダの本です。 内容は幅広いのですが、分かりやすくてシンプルで、私が一番参考にしているアーユルヴェーダ本です。 今回アサナクラスのあとは、アーユルヴェーダの座学で「ギー」を作るワークショップ。 「ギー」はもう最高のオイルとされていて、とにかく美味しいのです。 以前、HIKARU先生にギー作りのコツを教えていただいて、それまで自分作っていたものも美味しかったのですが、数段美味しさが増しました。 実はインドでもギーを買って来まして、写真左の瓶詰めです。 これも美味しかったのですが、自分で作ったものの方が出来たてがいただけますし、圧倒的に香りが違います。 ヨガを深めると自然に出会うアーユルヴェーダ。 アーユルヴェーダ的な生活はシンプルな分、食事内容も食べ方も大切になって、行き方が丁寧になると感じています。 HIKARU先生が岩手に来られるのは1年に1回、かなりオススメのワークショップです。 仙台から2時間ドライブで行けますので、ぜひこの機会にどうぞ。

4月シンギングボウルトリートメントのお知らせ

こんにちは。 シンギングボウルBSMセラピストMasae先生によるトリートメントクラスのお知らせです。 春のバランスを整えるひとつとして、シンギングボウルトリートメントはいかがでしょうか。 音の波動を全身に感じて、完全にリラックスしていただきます。 環境変化の時期、季節の変わり目、花粉症の方や日々の温度差。。 こんな言葉を並べるのは本当に気が引けるのですが、 実際、春はカラダの不調が出やすい時期です。 皆さん、身体や心は疲れを感じていませんか? そんなときには一人の時間を作って、 ただ何もせず、音に任せて静かに過ごすことが身体と心の充電になるかもしれません。 1対1の完全プライベート空間、女性の方限定で、 安心してリラックスしていただけます。 写真の通り、お一人様のためだけにシンギングボウルを7つご用意して、それぞれの身体の部分に合わせた場所に配置しています。 この1時間のリラクゼーションが、この先のエネルギーチャージになりますように。 ご予約お待ちしております。 「春のバランスを整える シンギングボウルトリートメント」 *日時 ①2018/4/7(土)14:00-15:10 ②2018/4/21(土)14:00-15:10 *参加費 4500yen *担当 シンギングボウルセラピストMasae *参加にあたって ・女性限定クラスです。 ・仰向けやうつ伏せの快適な姿勢でおやすみいただきます。 ・身体を締め付けない緩やかであたたかい服装をご用意ください。 ・お着替え場所はございます。

旅のこと 5「食べ物」

こんにちは。 私たちは食べたものから出来ています。 食べたものが消化されて、血液、筋肉、内臓、細胞、髪の毛や皮膚に。 人間のカラダ、「食べもの消化工場」は奇跡的とも言える働きをしています。 ヨガはよりよく生きることなので、 何をどう食べるかもヨガなのです。 純粋性のもの、サットヴァなものを食べることもハードなカリキュラムを乗り越えられた理由の1つだと思います。 今日はごはんをご紹介。 お祝いの日は南インドらしくバナナの葉っぱに各種のっていて いつもは1日2食のカレーで、ラジャス性のタマネギやチリが入っていない、でもスパイスの効いたやさしいものでした。 食べる前のマントラを唱えて、静かにいただきます。 それ以外にティータイム2回のおやつには パイナップルやパパイヤ。 さらに休憩時間には、上のカフェで めちゃめちゃ美味しいグレープジュースや パイナップルジュース、フルーツサラダも。 カフェの近くではお仕事の方が、ザクロをカットしていたり ドライデーツの種取りをしていたり 食べてばっかり。笑 しっかり食べて、すみずみまで動いて、ちゃんと寝る。 当たり前で自然な生活。 食べること、生きること。 生かされていること。 私は食べたもので出来ているという実感、ちゃんと感じてきました。

2018.4月からのお知らせ

こんにちは。 2018.4月からはじまる新クラス、新料金などをお知らせします。 1、シヴァナンダヨガ・ビギナークラスはじめます シヴァナンダヨガは、2つの呼吸法、準備運動、12の基本ポーズからなる伝統的なスタイルのハタヨガクラスです。 このビギナークラスは、ヨガが初心者の方でもシヴァナンダヨガに触れていただけるよう、難易度の高いものはその準備となるポーズに替えて、伝統的なエッセンスはそのまま含めた内容でお伝えしていきます。 ヨガとは、ストレッチやダイエットが目的ではなく、自分の精神性を高めるツールであることなど、ヨガ本来の意味からお伝えします。 *日時 2018/04/14(土)13:00-14:30 2018/04/28(土)13:00-14:30 *参加費 2500yen 2、シヴァナンダヨガ 練習クラス始めます シヴァナンダヨガの基本ポーズの練習に特化したクラスです。 4月はヘッドスタンドの練習をしましょう。 *日時 2018/04/15(日)12:30-14:00 *参加費 2500yen *参加にあたって 安全にクラスを進めるため、下記に該当する方はお申込み前に必ずご相談ください。 高血圧の方、目や首など怪我されている方、妊娠中の方、その他何か心配なところがある方 3、シヴァナンダヨガ オープンクラスの参加費を変更します *変更後 2500yen 来月からもどうぞよろしくお願いします。

旅のこと 4「瞑想」

こんにちは。 今日は瞑想のお話です。 メインホールは、シヴァ神の名前がつけられた「シヴァホール」といって、ステージ上の踊るシヴァ神ナタラージャの像は圧巻の大きさでした。 大きさ伝わるでしょうか。 ステージの前には、瞑想のステップが書いてあります。 1、胡座で快適に座って 2、背骨、首、頭を真っ直ぐに安定させて 3、しばらくこのままでいることを意識して 4、腹式呼吸で深くゆったりと呼吸します。 5、マインドの集中を妨げないように、呼吸のペースをゆっくりに 6、マインドが穏やかに落ち着いてくることを観察します。 7、集中するポイントを選びます。 知的な見方をする人は眉間に集中し、愛や献身のイメージが集中しやすい人はハートを選びます。 8、自分を高めてくれるものをイメージ化して 9、自分のマントラがあればそのマントラを、ない人は普遍的マントラOMを唱えます。 10、この練習を続けて二元性は消え、サマディへ到達します。 11、瞑想の練習は20分から始めて、1時間まで増やします。 12、瞑想は人を神性に変えます。 瞑想しなさい、そして永遠の至福を得なさい。 このエネルギーが高い場所での毎朝毎晩の瞑想は、とても集中できる日もあればザワザワしていて出来ない日もありました。 集中した瞑想のあとは、目の奥からパキーンと開いてまさに覚醒という感じ。 私の場合、上級の呼吸法クラス直後にある朝の瞑想が厳しくて、そんな自分と向き合い続ける時間でした。 感覚が研ぎ澄まされるのはいいことなのですが、何事も適度があるなあと感じた次第です。 これも経験しなければ分からなかったことです。 教科書には書いていないこ

旅のこと 3「手放す」

こんにちは。 1ヶ月ぶりの皆さんに日々再会して、色々なお話をして、忘れかけていたことに気づいています。 今日はブログの話になりました。 見返してみると、 前日に「行ってきます」を書いて以来、誕生日のことを書いただけで、あとは帰ってきたあとの「ただいま」の記事のみでしたね。 実はアシュラムでは、Wi-Fiがつながる時間が1日2回に限定されていました。 最初はその時間を狙ってホールに行っていたのですが、みんながまさに「群がる」ので、笑 やはり電波状況はイマイチ。 そしてそんな自分を客観的に見て、 いかにネット環境に慣れすぎていたこと、 ネット社会へ執着していたことに気づくことができました。 結果、インターネットを手放す選択をしまして、 ブログ、Facebook、Instagramからも離れて、 より自分に集中できる貴重な時間になったと思います。 そしてもうひとつがこちら。 大切なメールやご予約メールはもちろん見ますが、それ以外の広告メールや、もう見ていないメルマガなどの多いこと。 いつもは常にWi-Fiが繋がっているので、必要ないメールも軽くチェックしたり都度削除したり、無意識にしていたのだと思いますが、いい機会なので試しに放置してみました。 約1ヶ月間で468件。 1日あたり15件近く、不要な広告メールを見たり削除していたことになります。 それだけ無意識に携帯電話を触っていて、 自分の思考を必要のないことに使って、 必要のない情報も取捨選択していたことになります。 マメな方は、不要メールはちゃんと配信停止をしていらっしゃると思うのですが、ついつい面倒がってしまう私。。 今回、そん

さらっとはじめて

こんにちは。 今日は日曜シヴァナンダヨガにご参加の皆さん、お疲れさまでした。 休みあけ初のシヴァナンダクラス、 ジャヤガネーシャのキルタン流して、オイルランプを灯して、皆さんが来るのを準備して待っていたら、なんだかジワ〜っときました。 できるだけ得てきたものをお伝えしようと思うので、しばらくはオープンクラスのようなワークショップのような、そんな時間になりそうです。 アサナの実践中はメモを取ったりしていないので、私の記憶と体感、経験をそのままお伝えします。 皆さんのヨガが、より快適で安定するように、 呼吸やアサナの練習は、疲れではなく次の新しいエネルギーに変換されるように、 目的や方向性をお伝えしていきたいと思います。 来週もよろしくお願いします。 さて。 ここ数日、カレーが食べたい欲が出はじめて、 いよいよ今日シヴァナンダヨガをやるともうスイッチが完全に入ってしまいました。 1ヶ月ずっとカレーだったというのにもう禁断症状、思ったより早く出ました。笑 たぶん、私から皆さんをランチにお誘いするのは初めてかも。 いきなりの誘いに乗ってくれた皆さん、ありがとうございます。 今日用事があって残念ながら行けなかった方も、 しばらくカレー熱あると思うので、今度ご一緒しましょうね〜

時空を超える旅

こんにちは。 今日は午前のリラックスヨガ、午後のシンギングボウルメディテーションにご参加のみなさん、お疲れさまでした。 お久しぶりの方のお顔を見るたび、嬉しくて嬉しくて。 また次回も、ご自分のヨガをしていきましょう。 今日の新月に合わせて、午後はMasae先生のシンギングボウルメディテーション。 始まる前はいつもボウルで遊ばせていただいています。 深い時間とシンギングボウルのおかげで、瞑想後は目がパキーンと開きました。 カードをめくると なんだか縁起の良さそうなカードが出ました。 時空を超えて旅することができて、 遠慮しないで、躊躇しないで、 恐れないで、安心していい、と 心強いキーワードがたくさん書いてありました。 なるほど。。 確かに時間も空間もマインドの作り出すもの。 遠慮なく、時空を超えていきたいと思います。笑

旅のこと 2「お祝い」

こんにちは。 今日はお祝いごとなどのお話です。 ちょうどこの時期に合わせて、たくさんのお祝いごとがありました。 今回のアドバンスコースとアーユルヴェーダコースのスタートに、 象の神様ガネーシャへの祈り ガナパティホーマに合わせて、スワミガヤトリナンダ先生の90歳のお誕生日。 そして、シヴァ神のお祭り、シヴァラトリ。 シヴァとパールバーティの結婚した日を祝って、翌日の朝まで、一晩中シヴァ神のマントラを唱え続ける、というなんともインドらしいお祭りです。 この日にシヴァのマントラを唱えると、全ての罪は許され、全ての障害と問題は取り除かれて、全てから解放されます。 シヴァナンダアシュラムに毎年行っている方からさらに詳しく教えていただいたのですが、人によっては断食をして食欲というラジャシックをコントロールし、不眠不休で祈るのは睡魔というタマシックをコントロールする意味があるそうです。 さすがに翌日もトレーニングなので私は寝ましたが、先生方やスタッフの方は寝ずに一晩中唱えて朝を迎えていました。 トレーニングでなければ次回は一晩チャレンジしたい。 そして数日後には、スワミドゥルガナンダ先生の75歳のお誕生日を祝うビックイベント。 このお祝いに世界各国から10名以上のスワミたちが一気に集まりました。 こんなことはなかなかないそうです。 ステージ上はオレンジのスワミたちでいっぱい。 そのお祝いとして、毎晩7日間連続で聖典のお話を聞く、「バガヴァタン サプタハ」という記念イベントもありました。 生まれながらに代々こういった儀式をする家系なのだそうです。 晩年ビシュヌデヴァナンダ先生は、このよう

旅のこと 1「はじまり」

こんにちは。 この1ヶ月は、遊びの旅というより私自身の浄化が目的だったので、あまり観光も行きませんでしたが、写真整理もかねてブログに書こうと思います。 いつか誰かが行くかもしれないので、参考になればぜひ。 まず場所です。 南インドのケララ州、トリバンドラム空港から車で1時間くらいのところにある、シヴァナンダヨガのアシュラムです。 南インドはアーユルヴェーダが盛んで、このアシュラムもアーユルヴェーダクリニックが併設されていました。 アシュラムには通称名があるのですが、ここはアーユルヴェーダの神様、ダンワンタリ神の名前がついていて、 「シヴァナンダヨガ ダンワンタリ アシュラム」 が正式名称です。 この時期は暑い時期で、 暑くて暑くて笑っちゃうくらい、気持ちよかったです。 温度差か移動疲れかで、2日目で夏バテになりまして、さっそくアーユルヴェーダクリニックにお世話になりました。 以前のトレーニングの時にカウンセリングをしてくれたドクタービシュヌがいて、覚えていてくれて嬉しかったです。 アーユルヴェーダドクターらしく、お薬ではなくアロエジュースを処方してくれました。 400ルピー近かったのでちょっと高級品。 確かにすごいパンチのあるアロエエキスでした。 あとはたくさんお水を飲んで、ちゃんと食べたらすぐに復活。 トレーニングが始まる前でよかったです。 これもちょっと学びの機会でした。 誰かが言ったことや、本に書いてあることではなく、自分の経験と直感から現れてくる実感。 信じて委ねて、この環境と時間を味わっていこうとスタート前に思えてよかったです。 思いついた言葉を日記がわりにメモしてい

3/31(土)「満月の星読み&キルタン」のお知らせ

こんにちは。 インドのシヴァナンダアシュラムでは、毎朝毎晩、キルタンという祈りの歌を歌い続ける時間がありました。 曜日によって歌う神様がいて、像の神様ガネーシャ神を歌う日、女神たちデヴィへ歌う日などさまざまでした。 私も大好きなこのキルタンを満月スペシャルイベントとしてシファルで開催します。 今回のリードは、クリスタルボウル演奏家であり音響振動療法家でもある川村かなえさん。 声楽もされていた方で、毎年仙台で開催されているインド古典音楽会ではソロで歌っていらっしゃいます。 キルタンの日は3/31(土) 天秤座の満月ということで、キルタンと満月の星読み(ホロスコープ)もあわせて楽しんでいただきます。 ぜひこの特別な満月の時間をご一緒しませんか。 ご予約は、ホロスコープ作成のため星読み担当のマリさん宛てにお願いいたします。 当日お会いできるのを楽しみにしております。 『3/31満月の星読み&キルタン』 *日時 2018/3/31(土)14:00-18:00 ドアオープン13:30 *担当 ・星読み:マリさん http://hoshiyomicafe.wixsite.com/hoshiyomicafe ・キルタンリード&ハルモニウム:川村かなえさん https://www.freeplanet888.com/ *会場 ヨガスタジオシファル *参加費 4500yen *ご予約 こちらのお申し込みフォームからお願いいたします。 http://hoshiyomicafe.wixsite.com/hoshiyomicafe/contact-us 当日お一人ずつ星読みホロスコー