検索
  • yogastudiosifar

お休みいただきありがとうございました


6月後半はお休みにご協力いただきありがとうございました。




この期間中は、

テレビやニュースはもちろん、天気予報も見ず、音楽も聴かず、



シンプルに瞑想と呼吸法、アサナの練習をし、

yoga教本をイチから再度読み直し、

インド哲学を学習し、

インド神話の本を読む、という


どっぷりyogaライフに浸って、最高に幸せな時間でした〜




また、誰とも会わないので、自然とモウナ(沈黙の行)にもなりました。


私は基本おしゃべりで、思考もおしゃべりなので、このモウナはかなりいい経験でした。




さらにこの休暇を利用して、

7日間プログラムのファスティング(断食)をしていました。



ヨガの世界でも「エカダシ」といって、

新月と満月から11日目に断食をすすめているのですが、


きっかけは、昨年インドでアーユルヴェーダコースを学んだので、2021年はそのクリニックでパンチャカルマというアーユルヴェーダの浄化法をするつもりだったのですが、


今年はさすがに行けない、、と思っていたら、

「日本にもいいデトックスがあるよ」と直感の声がおりてきたので、今回試してみました。




ファスティング医師監修で、

準備期間の1、2日目はごはんからお粥へ、


3日目と4日目の2日間は、絶食しました。



絶食と言っても食べ物を食べないだけで、

お水、お湯、三年番茶など水分はたっぷり摂っていたので、空腹感もなく快適、

丸2日半の絶食だったので、1日3食で計算すると、7食分抜いた感じです。

5日目はお昼に1食、

6日目は2食、7日目3食、と無理なく戻して終了。



週末プチ断食など、ファスティングは一般的になっていますが、期間によっては専門家のアドバイスで行うといいと思います。




食べないことによる色々な体感がありました。

本当に胃も腸も空っぽになった人生初体験の感覚や、今までとちょっと違う身体の軽さ、

舌掃除のアーマももちろんゼロ、食べてないので当然ですね。

心拍音がよく聞こえたり、思考の波もかなり穏やかになりました。





ヨガ哲学では、

私たちは食べるものからできていて、マインド(意識や思考)は食べ物の最も微細な要素から作られ、摂取する食べ物がサトヴィック(純粋)であれば、それはマインドを強くし、身体と心に内なる平和をもたらし、スピリチュアルな成長を促す、と考えています。




「食べないこと」を味わった上での「食べること」の大事さ。


自分の体質やライフスタイル、

色々な考え方、色々な食べ方がありますが、


今の自分にベストな選択をしながら、

やっぱり直感を大切に、

しっかり食べて生きていきたいなという、


そんな学びとyoga漬けの日々で、

穏やかに落ち着いたいい学びの時間になりました。



たっぷり充電してきたので、これから皆さんにちゃんと還元していきますね。


7月からまたよろしくお願いいたします。




70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月

初雪