検索
  • yogastudiosifar

少しずつ、いつのまにか


こんにちは。

ヨガスタジオシファルのかおりです。

レギュラークラスにも、プライベートクラスにも、

リハビリ的な目的で来られている方々がいらっしゃいます。

もちろん主治医の確認、許可を得て、問題のない範囲でトライしていただいています。

少しずつ腕が上がるようになっていったり、

ただ立つことだけでも揺れて難しかった方が、今では開脚したポーズで立つことができたり、

年齢には関係のないところで、変化というか人間の進化が見えます。

ヨガを生活に取り入れることでの変化はすぐに出なくても、

「確かに1ヶ月前にできなかったポーズが、今トライできるところまできている」

ということが、何より自分自身のペースで掴んでいただけることがいいことだな、と私は思っています。

症状やその方のライフスタイルによって、変化はさまざまですが、それも自分の道を自分なりのペースで進んでいただけていると思います。

そして、ご自身では気づいていないかもしれませんが、呼吸の深さと長さに変化が見られる方は多くいらっしゃいます。

ぜひ、ご自分の出来る範囲で、ヨガを生活の中に取り入れてみませんか?

今の身体の症状で、できるポーズにはトライして、無理と感じるポーズは「パスする」という選択する強さ、心の強さの練習にもなります。

とかく私たちは、

「みんながやっているから、自分もやらなきゃいけない」

「みんなの輪を乱してはいけない」

という整理整頓された考えを教えられているので、つい人に合わせてしまいますが、

ヨガを実践している時間は、そんな制約からも思考を自由にしてあげてください。

「周りの人はやっているけれども、今の自分には無理のあるポーズなのでパスしています」

という選択は正しいことです。

自分の道を自分のペースで進む、これはアーサナの練習だけでなく、日々の些細なことにも通じる、大切なヒントだと思っています。

今日も一日ありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。


94回の閲覧